読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琴 弦の張り替え

管弦付舞妓

弦を長い間張ったままの琴で練習しておりましたが、十日ほど前に十の弦が切れてしまい、地元の和楽器店に修理をお願いいたしました。楽器店の方は朝に来られました。全ての弦を張り替えていただくことになりました。

夕方に新しい張りで爪弾いたときの、音の透明なこと!

水晶の玉を弾いているようでした。

伝え聞いたところによると、琴の弦は五年で張り替えるそうなのですが、張り替えて一年後にもう一度締めていただく必要があるようです。それから四年は弾くことができるそうです。
そういえば、琴の種類は違いますが、明石の君は光源氏と別れるときに、この琴の弦が...と惜しまれていましたね。