読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『美学・芸術学研究 』 メモ

放送大学大学院文化科学研究科の講義 美学・芸術学研究 ( 講師 放送大学教授 青山昌文先生)を録画してテキストとあわせて勉強しております。全15回です。何回か繰り返し視聴いたしました。テキストは購入して読めそうなときに、まとめて読んでおります。以下はそのメモです。

西洋と東洋の図式的対立でもなく
心で演じるということでもなく
西洋では自然美がないのでもなく
感受性が大切でもなく
芸術は無限であるのでもない。

近代化する前の西洋の伝統がある。
頭で演じられれば、品質を保って何回でも演じられる。
廃墟は自然美と芸術美の一体化したもの。キリスト教は山岳美に価値を置かなかった。
感性と知性は大切。
芸術は人間が作った有限のもの・・・ 

当然ですが、これらの言葉の奥に青山教授やほかの方のお考えがあります。このような講義を自宅で(放送大学に入学していないので、申し訳ないのですが)無料で視聴できることはありがたいです。