読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お正月といえば…

慶賀

としとくじんさん(その年のかみさま)、さんぽうこうじんさん(かまどのかみさま)、三段のおかがみ、二段のおかがみ。神棚にちいさなおかがみ。さかき。じゅうにつきのかみさま、12本のろうそく。

お仏壇は葉ボタン
元日から三日まで、 日に三度、お雑煮、おせちをおそなえ、おもちの下に敷く、うらじろのにおいで年があらたまる感じがします。
 
うらじろは山にとりにいきます
祖父はしめ縄をなっていました。遠い昔のことです。かど(庭)に土もまかなくなりました。
 
私の祖母は大正生まれで平成まで長生きしましたが、心は近世の人風で同居していたにもかかわらず、ミステリアスでした。怒られたことはありませんでした。
その祖母がヨモギの摘める頃になると「(仕事が忙しいため、いつもはそんな時間をもてない。しかしこの日は)だんごぐらいつくらせてもらわな。」といってヨモギダンゴを作って食べさせてくれました。
こどものころ私は、それも仕事じゃないか、と思っていました。
 
しかし私も毎年の暮れにお重を詰めるようになり、そのほか、新年にむけての食事の段取で、大晦日のその日もいよいよ終わりに近づいてくると、いそいそと泡立て器や焼き型を取り出して、台所でタルトをつくります。このときのお菓子づくりに挑む気持ちが、その日それまでの家事の心持ちとはまったく違い、すごく活発な気持ちです。
 
去年の年の暮れ、初めて「ああ、おばあさん。わかりました。」となりました。

https://www.instagram.com/p/BPM-ZNhhDUy/ 秋に庭でとれたブラックベリーのタルトです。

https://www.instagram.com/p/BPNARJjh8TL/

ご覧下さり、ありがとうございました。