読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箏の琴

https://www.instagram.com/p/BPIL423hlFN/

素晴らしい先生に恵まれて、琴をたしなんでおります。私の人生も、このことに関しては幸運だったと思っております。演奏は唄つきで、最近練習している曲には琴の音程と唄の音程が異なる部分があり、難航しています。ごくごく初心者なのですが、有名な六段という曲をひきたくて頑張っています。

続けてみようと思ったきっかけは、琴の“お調子”について感じてみたいと思ったからです。調子を合わせたり、調子をとることは大切です。たまには調子はずれな音もでます。

音楽の方法を絵画製作法に取り入れた近代の画家を思い出しました。分析的ではなくても知覚的に音楽と絵画が分かちがたいものだったという日本の江戸時代の画家もいます。

高校時代の予備校の先生が「すぐれた絵からは音楽がきこえる。」と言われていたのを思い出します。雨の日には雨の、1月8日には1月8日のお調子があるのではないでしょうか。