読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春はあけぼの

4:40ごろに起きて、東の窓を開けて見ました。今までこんな景色を見ずに、毎日この窓の横で寝ていたのかと思うと衝撃でした。三日月と星がひとつ透明な水色の空にうすく輝いて、山のほんの近くの空は、橙の氷のようでした。その日一日は快晴で、美しい夜…

リキュウバイのレターセット

五月に軽い茶事をするので、案内状用に描きました。利休梅です。

春の花 いろいろ

いろいろの花が雨上がりの庭に咲いておりました。もうすぐやまぶきも咲き、春も終わりです。

野辺の散歩

茶事 後礼

昔のことになりますが、江戸時代にちょっと高級な便箋として、模様が版木で刷られたものが流通していたようです。こちらの図柄は暇をみつけた折りに、あらかじめ手描きいたしました。桜の絵の上に文字を書くのはたのしい心地です。先日、京都知恩院にて買い…

うすねむり

朝の寝覚めに、春の気配を感じます。枕が恋しい季節です。 孟浩然の、春眠あかつきを覚えず、に少し近いかもしれません。数日前から、寝床からでも鶯の声が聞こえます。こちらも、処々鳥の啼くを聞く、になるのかもしれません。 山に植えた啓翁桜は満開にな…